高額介護合算療養費制度

HOME > 共済のしおり > 高額介護合算療養費制度

医療と介護両方が高額になったとき

介護保険サービスを受けている人がいる世帯で、医療保険と介護保険の自己負担額を合算した額が一定額を超えた場合、超えた分が払い戻される制度「高額医療・高額介護合算制度」があります。

負担限度額は次の通りで、年齢、所得により負担限度額は異なります。

高額医療・高額介護合算制度の限度額

【平成27年8月以降】

70歳未満の方

所得区分 基準額
標準報酬月額83万円以上の方 212万円
標準報酬月額53万〜79万円の方 141万円
標準報酬月額28万〜50万円の方 67万円
標準報酬月額26万円以下の方 60万円
(低所得者)
被保険者が市区町村民税の非課税者等
34万円

70歳から74歳の方

被保険者の所得区分 基準額
@現役並み所得者
(標準報酬月額28万円以上で高齢受給者証の負担割合が3割の方)
67万円
A一般所得者
(@およびB以外の方)
56万円
B低所得者 II (市町村民税非課税者) 31万円
I (所得が一定基準に満たない場合など) 19万円

現役並み所得者に該当する場合は、市区町村民税が非課税等であっても現役並み所得者となります。

▲このページのTOPへ