短期給付とは

HOME > 共済のしおり > 短期給付とは

短期給付には、全国民が公平に受けられる「法定給付」と共済組合独自の「附加給付」があります。

法定給付は法律によって種類や内容が定められている給付です。一方、附加給付は共済組合が法定給付に上積みして支給するもので、共済組合のメリットのひとつです。法定給付・附加給付とも、組合員に対する給付とその家族(被扶養者)に対する給付があります。

請求が不要なものと必要なもの

請求が不要なもの

共済組合が医療機関に
直接費用を支払うもの
医療機関からの請求書(レセプト)に基づいて
組合員に自動的に支給されるもの
・療養の給付
・入院時食事療養費
・入院時生活療養費
・保険外併用療養費
・訪問看護療養費
・家族療養費
・家族訪問看護療養費
・高額療養費
・一部負担金払戻金
・家族療養費附加金
・家族訪問看護療養費附加金

上記以外の法定給付・附加給付については、組合員からの請求が必要です。所定の請求書に所属所長などの証明を受け、必要書類を添えて共済組合に提出してください。

請求の時効は2年

イラスト短期給付は、請求できる事柄が生じた日から2年が経過すると、給付金が支給されなくなります。注意しましょう。


▲このページのTOPへ